写真公開システム

| コメント(0) | トラックバック(0) |
自分の写真は基本的にすべてWebからみられるようにしている。
友達に渡すときも同じ仕組みを使って公開している。

誰がどの写真を見れるのかは認証を設けてあるので、ユーザ毎に設定している。
その代わり、一般に公開しても良い写真ですら認証しないと見れない状態になっている。

その理由は以下の通り。

許可ユーザの範囲はイベントごと(内部的にはディレクトリごと)に設定している。
イベント内には複数のファイルが存在する。

したがって、ファイル毎の公開範囲設定ができないというわけ。

そこでファイル毎に一般公開できる仕組みを作ってみた。
見易さは置いといて、一般公開設定したファイルだけ認証ディレクトリの外に出すようなイメージ。
こうすれば、blogなどで参照したい写真もそこを参照すれば良いので、ファイルの重複も防げるし、らくちん。

友達に写真見せるときとかいろんな写真を見せたいときに便利で、個人的にはいろいろうれしい。

インタフェース部分がいろいろいまいちなので今後改善していく予定。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.sei-yo.jp/blog/mt-tb.cgi/40

コメントする

このブログ記事について

このページは、seiyoが2012年3月11日 01:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソフトウェア開発」です。

次のブログ記事は「OAuth::Lite::Consumer いまいち。結局Net::Twitter::Liteに。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。