船窪岳~烏帽子岳 20130807-20130809

| コメント(0) | トラックバック(0)
夏休みに裏銀座の近くに行ってきました。
素敵な小屋との評判をよく耳にする船窪小屋近辺で探してルートを決めました。
でも、小屋には泊まっていません(笑)

七倉の駐車場からスタートして、ブナ立尾根を下って高瀬ダムからタクシーで七倉まで戻りました。

写真にコメント付けていく予定ですが、後でやります。


七倉の駐車場。左に見える建物は七倉山荘。温泉あり。
右に見える建物はトイレと登山指導所。登山口はその奥。

指導所を越えて橋の上から左手。

正面。すぐトンネル。船窪方面は、トンネル入ってすぐ右へ。まっすぐ行くと高瀬ダム方面。

歩き始めてすぐだったかな。

こっち。

こっちこっち。

あんまり記憶に無い。時間も遅めで11時くらいだっけな。暑かった。

天気は良い。

荷物も重いし、暑いし。

人も居ないし、熊とか心配。

天気は良いんだよ。ほんと。

うん。

道は合ってる。

疲れた。

う~ん。

しばらくこんな。

あっちは北かな?

ふぅ。

おっ♪ お隣の山。なんだっけ?

ちんぐるま?

ちょとt雲出てきた?

おやっ。雲に隠れた!

ダム!!七倉ダムかな。

おお!森林限界が近い感じ!

でも、暑い!

うひょー♪

こっちは高瀬ダム!
正面あたりが槍ヶ岳!

天狗の庭。
ここで一休み。
もくもく。七倉ダム方面。

燕岳が左の奥の方。

ズーム。正面は槍ね。

もくもく。

やりっ!

これなんだろ?

無意味にズーム。

まだ登るよー。

お?もうそろそろな雰囲気♪

まだかなー?

ちんぐるま?

まだかなー?
お!西側見えた!

小屋、まだー?
右の奥が船窪岳?

おお~。

小屋着いた!!
疲れたー!

西側ね。

これも西側。

右のはトイレ。左に流し。真ん中が道。

逆向き。船窪小屋。

ほえー。

これどこだ?

テン場は小屋から15分くらい。

途中の分岐。テントで泊まって、翌日烏帽子岳まで行く予定。
七倉岳とか蓮華岳の方へ行くと扇沢とか行けちゃう。

テント場到着。

水場は危険。ガレてて落石の恐れもあるし、危ない。雨の日は行きたくない感じだけど、乾いてても嫌な感じ。

右の木の裏に簡易トイレが設置されていて、その横を通って船窪岳に行く。

本日のお宿。

宿からの景色。
左手の階段状のところは、登山道。小屋から来るとここへ降りる。

西の山。

槍。

槍。

槍。

これも槍。
槍多いね。

明け方。槍。

もちょっと北側。

さらに槍。

赤い!

さーて、しゅっぱーつ!

崩壊してますな。落ちたら死んじゃう。

でも、素敵。

ふふん♪

何を撮りたかったのかわからん。

船窪岳とうちゃーく!

こんながけっぷち。

こっち側はまだなんとか。

朝日が昇ってきてる!

もうちょっと撮る。

こんなとこ下る。ほぼ垂直。ちと怖い。

今日も良い天気♪

滑りそうな。

でもきれい♪

う~ん!

うひょひょ。

どこも急だった。

お花♪

ここが船窪岳第2ピーク。ここまでが遠かった。

さーて。次は不動岳?

雲増えてきた?

ま、いっか。

いくよー。

てーい。
なんか、雲が放射状に見えるぞ?

ほら。

なんか。

秋の雲っぽい。

ごぉ~っ!

いや、穏やかですよ。暑くてつらいくらい。

でも、この日も結構きつかった。

しょっちゅう休みながら歩いた。
ドライフルーツがうまかった。

おっ!着いた!不動岳!

烏帽子岳方面!
真ん中の高いやつかな。

こっちの山はわかんない!立山の南くらい?

ふふん♪

立山方面かな。

ここでリコーダー吹いたんだよね。

こっそり。

この人が去った後に。

ぴー♪

風が気持ちよかった。

素敵な眺めで。

いやぁ、良かった。

こんなに同じ写真撮るくらいだもんね。

そしたら、こっちから人が歩いてきて、リコーダー聞かれちゃったかもな。

写真撮ってもらって出発したら、コマクサが!

すたすた。

滑ったら危険。ザレててほんと危ないから気をつけて。

こんなとこ落ちたくない。

ひー。

吸い込まれそう~!

こんな急なのよ。止まれません。

お花がたくさん♪

ほら!この雲!

そしたら、南沢岳。

すばらしい景色を独り占め!

ずっと誰も来ず。

一休みしながら360度の展望を楽しむ。

きゃー♪

すてきー♪

烏帽子岳方面!
奥が野口五郎とか!

ほら!真ん中烏帽子!

ズーム!

もっと手前。

西側。

水晶?

ってこんな?

牛?

ほら。

この辺はなんだっけ。

歩いたことないしよくわからん。。

でも、きれいだったよ。

ほんと。

ちょっとガスってるけど。

いいでしょ。

ふふん。

岩山ばっかり。

ねー。

この辺もいつか歩いてみたいな。

見たことない景色が見られるはず。

もくもく。

もくもくもく。

もうね。どれがなんだかわかんない。

しばらく解説無し。

左にくいっと曲がる手前からみた景色。

この辺で左にくいっと曲がる。

降りるよー。

だいぶ降りた。

ふむ。

しばらく歩く。

歩く。

こんなところを抜けると。

池!

池塘!

天気も良いし♪

雪も少し残ってる。

点在してる。

きれいだったなー。

ほら。

素敵な場所。

しばらくこんな場所が続く。

池。

池の中の通り道。

烏帽子岳に向かう。ここで荷物デポ。

目指すはあれ!

てくてく。

きれい~。

るんるん♪

はっ。
もう頂上。

ついた!!
こっちは小屋方面。

奥野山はなんだろ。野口五郎?

頂上の岩。

降りてきて、烏帽子小屋に行く途中のピーク。

烏帽子岳を振り返る。

ちらっと見えてるのは高瀬ダムかな。

きっと。

野口五郎方面。

烏帽子小屋到着。

小屋の前。憩いのスペース。

憩いのスペースからの景色。

 憩いのスペースから見た、憩いじゃないスペース。登山道方面。

トイレ。
紙が無くなったら自分の紙で拭くルール。

テン場方面への道から小屋を見る。

お隣さん。最後にタクシー相乗りしたりしたけど、それまで一度も顔を水に終わった隣人。

右のテントは学生さん。
高山病なのかわからないが、明け方に一人体調悪くなってた。
大丈夫だったろうか。

散歩。

憩いのスペースの前には青いきれいな花が。
なんだっけな。

やま。


憩ってる。

青い花。

なんだっけ。

コマクサじゃなくて。。

これこれ。

なんとかギキョウ?
チシマギキョウとか?

雲が出てきちゃってねー。

だんだん暗くなってきたね。

そろそろおしまいかなー。

白っぽく見える。

きれい。

だよね。

うん。これが一番良いかなぁ?

そして、ハチ。

ハチがいたの!

はちが。

ほらっ!

鐘。

烏帽子小屋。

天気も良いし。

展望も良いし。

いやー。ほんと満足。

このときはまだ元気だったんだけどねー。

ガスってみえなーい。

一応晴れてるのになー。

ほら。

ね。

翌朝。下山開始。高瀬ダム方面に行くよー。

このときは涼しかった。

タヌキ岩。

ウーロン茶のある風景。

ブナ立尾根だよー。

下るよー。

ほら。もう高瀬ダム。

ちらっ。

ちらちらっ。

裏銀座登山口。このコースじゃ、裏銀座行ったことにならないよね。

もうおわりかー。

しくしく。

お。でも、良い景色♪

ダム。

丸太の橋。これが一時期流れたとか。

きれいな色だったなー。

つり橋。

つり橋からの眺め。
露出失敗して真っ白。

トンネル。

トンネル抜けたらこんな!

きれいな水の色でした。

いやー。いいね。

トンネル出口。

道路もあって。奥にタクシーが待ってた。

看板もあってここでおしまい。


トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.sei-yo.jp/blog/mt-tb.cgi/56

コメントする

このブログ記事について

このページは、seiyoが2013年10月 2日 01:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「至仏山 20130818」です。

次のブログ記事は「結婚パーティ in 谷川岳 20131019-20131020」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。