鳩待峠~至仏山~山の鼻(泊)~鳩待峠~アヤメ平~鳩待峠(その3)

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回のその1 前回のその2の続きです。

令和になることは特に意識していなかったのですが、令和になってすぐに友人二人と至仏山に登山に行ってきました。 久しぶりの雪山でしたが、特に困ることもなく楽しめました。 友人と別れた後は一人で歩いたのですが、周りには人がほとんどおらず、1パーティとしかすれ違わないコースも歩けて満足できました。

行程は以下の通り。

鳩待峠~至仏山~山の鼻(泊)~鳩待峠~アヤメ平~鳩待峠

以下は写真と簡単なコメント。2日目の鳩待峠から。 個人的にはここの区間が今回一番楽しかった!晴れてたのもあるかも?

鹿の足跡。

20190502-093626-067.jpg

晴れてきてとっても元気に!!

20190502-095201-072.jpg

横田代という湿原エリア。気が少なく、風がやや強め。ここに先行パーティがいたけれど、昼ご飯を食べて戻ったようで、その後は会いませんでした。正面は燧ケ岳。

20190502-105225-074.jpg

横田代の上部。雪が解けて地面が見えてます。

20190502-110255-079.jpg

目的地(折り返し地点)としていたアヤメ平。誰もいなくて、風があって、ちょっと寒い。木道が一部出てました。

20190502-114832-006.jpg

横田代の上部。正面に至仏山。雲の隙間から射す光が良い。風があったので雲も早く動いていて影も早い。

20190502-121938-038.jpg

再び横田代からの燧ケ岳。

20190502-122341-046.jpg

鳩待峠に戻ってきた。至仏山がすっかり晴れている。

20190502-141131-063.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.sei-yo.jp/blog/mt-tb.cgi/102

コメントする

このブログ記事について

このページは、seiyoが2019年5月 8日 23:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鳩待峠~至仏山~山の鼻(泊)~鳩待峠~アヤメ平~鳩待峠(その2)」です。

次のブログ記事は「上高地~岳沢小屋(泊)~奥穂高岳~涸沢小屋(泊)~上高地(その1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。